空々しい

空々しい趣味の場所での出来事です。

ある男友達が
「実は○○さんと付き合っているんだ」
という告白を私にしました。
その女性とは、皆から人気のある女性でとても魅力的な人です。
正直、2人がお付き合いをしているだなんて全く気がつきもしませんでしたので
驚いたのですが、それはそれで悪い事をしているわけではないし
「そうなんだ。仲良くしてね」
と言い返しました。

しかし何故か2人はお付き合いをしていることを隠している・・・というのです。
隠す要素などまるで無いのですが、2人の間にはその必要性があったのでしょう。

趣味の場所ではあくまで仲間。
そう振舞う2人。
私からすると、とてもそれは空々しく感じられて、違和感だらけで何ともいえない感覚でした。
隠すのならば私にも言わなければ良いのに・・・と、思ったりもしました(苦笑)

隠し通さねばならない恋愛でも、最終的にハッピーな状態なのであれば良いのかもしれませんが
やはり隠すという行為は当事者同士にも負担がかかる
ことのようですし
また振舞い方についてなど、普通の恋愛の悩みとは違うものも抱いてしまうようでした。

2人は数ヵ月後、誰も知らぬうちに関係を終わらせてしまいました。
片方が隠すという状態に耐え切れなかったようです。